2010年05月25日

SATOYAMAイニシアティブ

category: 生物多様性


生物多様性の日(522日)の3日後!みなさん、こんにちは。


 


まずおしらせですが、フォレストーリーが昨年「コト」大賞をいただいたロハスデザイン大賞の第5回授賞式が、65日(世界環境デー)に開催されます!http://www.lohasclub.jp/lda2010/symposium.php 


パネリストとして我ら(?)が、バードライフの鈴江恵子も参加することになってます。


2010年のテーマは「あなたが生物多様性のためにできること」。2009年のテーマ覚えてますか?「ローカーボンスタイル/低炭素社会へのチャレンジ」ですよ。この1年のあいだに世界の環境キーワードが「生物多様性」に大きくシフトした感じが伺え知れます。ただノミネートされている皆さんは、そんな時流とは関係なく、ずっと前から環境問題に取り組まれている方々ばかりですから、私たちも真剣に投票したいですね。



話は変わって、先週末は「生物多様性の日」があったということで国内外でそれに関するイベントが沢山開かれてました。


 その中で国連大学主催の『日本における里山・里海の生態系サービス評価』国際シンポジウムがあったので、今回はこちらのお話をします。http://www.ias.unu.edu/sub_page.aspx?catID=8&ddlID=1233



 里山・里海(SATOYAMASATOUMI)は、日本の原風景であり、実は原生林よりも生態系に富んでいる場所といわれています。しかもその豊かさは、長年に渡る伝統的な農業や漁業で行われてきた、人による自然管理が育んできたものなのです。このような人による二次的自然環境を一般的に「社会生態学的ランドスケープ」と呼びますが、里山・里海以外でも、世界にこのような景観は沢山あります。例えば、フィリピンのムヨン、韓国のマウル、スペインのデへサ、フランスのテロワールなどがその類になります。



 生態系サービスに経済的評価を与えよう!という動きで「ミレニアム生態系評価(MA)」がまとめられたのが2005年。そのMAの基準に則って、今度はサブ・グローバル評価として日本の里山・里海を調査し、「社会生態学的ランドスケープ」の持続可能な利用方法を世界に推進しよう!!という試みが「SATOYAMAイニシアティブ」なのです。これは主に環境省と国連大学によって進められており、COP10までに報告書を提出する予定になってます。



 昨今の環境保全は、排出権取引ではキャップ&トレード方式しかり、資源調達ではRSPO認証、MSC認証、RA(レインフォレスト・アライアンス)しかり、なにかと欧米のルールブックで進められる傾向にありますが、「社会生態学的ランドスケープ」分野では日本がイ二シアティブを取って行けるのか?COP10のホスト国、もう一つの大事な役割がこの「SATOYAMAイニシアティブ」作成に課せられているようです。

フォレストーリー・プロジェクト公式ブログ