2012年11月07日

フォレストーリー視察報告その⑤ ナグマカパック植林サイト視察

 視察報告第5回目は、マンガタレム地区のプロジェクトサイトの一つ、ナグマカパックで視察した森林再生の状況をご報告いたします。

  

現在、マンガタレムではナグマカパック(Nagmakapak)とカマパカ(Kamapaka)という2つのエリアで植林を行なっており、ナグマカパックはカタラタラーン(Katarataraan)という名のPO(人民組織)が森林再生を担当しています。

 

 

luzon_map.gif

紫色のエリアが、プロジェクトサイトです。(左側の大きなエリアがナグマカパック、右側の小さいエリアがカマパカ)

 

案内してくださったPOの皆さんとハリボン協会のメンバー

 413.JPG

国立公園の中にあり、良く整備され、夏には観光客も訪れる場所となっています。

ここから森林に入っていきます!

 

→続きを読む

 

雨季のため、葉が青々してみずみずしく、蝶が飛び回り、美しい森でした。

初心者でも登りやすいです。

土も先日の雨のため湿っていました。

 

 287.JPG

 

全体的に苗は順調に育っています。

土壌の栄養素が豊富で、周りの大木に守られている木はしっかりとした成長が見られます。

 

310.JPG 

 

直射日光が当たる斜面は、熱と植え付け場所の悪さから、植林が難しく活着率が低いです。育ちの悪い苗は植え替えを行っています。

 

322.JPG

 

日陰が少ないオープンエリアでは、乾燥を防ぐために、藁を敷いて水分を逃さないようにしています

 

357.JPG

 

かなり背丈も伸びしっかり生育している苗が確認できました。

 

338.JPG

 

日陰のないオープンエリアでの作業は傾斜もあり、体力的にかなり厳しいということを、今回の視察で身を持って感じました。

 

  358.JPG 

 

このように一旦森の中に入ってしまうと、森林は結構残っているような気がしてしまったのですが、よく見ると悲しいくらいに減ってしまった隣の山の姿にはっとさせられました。

568.JPG

 

 サイト入口の向かい側には、天然の温泉水を使ったプールが2つあり、夏には観光客が訪れる場所だそうです。DENR(環境天然資源省)が管理しています。泳いでいる人も。

 

407.JPG 

 

ナグマカパックエリアにおける植林の活着率は73%で、苗木の高さは65cm程。土が良く大樹の陰を利用しているため、比較的生育が良いことが分かりました。

 

次回はもう一つの森林再生サイト、カマパカでの視察の様子をお伝えします!

フォレストーリー・プロジェクト公式ブログ